蜂の巣の退治・予防を適切な費用で施工!蜂の巣駆除駆けつけ隊

蜂の巣駆除を役所に頼むと安く済む?お得に蜂駆除する4つの方法

2021.08.23

自宅近くの役所に問い合わせてみて、蜂の巣駆除をしてもらえない場合は、自分で駆除するか信頼できる駆除業者を探して解決しましょう。

なぜなら役所の対応は自治体によって大きく違っており、受けられる補助制度が変わってくるためです。

この記事では蜂の巣駆除をお得にする方法と一般的な役所の対応をご紹介します。
読んでくださったあなたにとって最適な方法で蜂の巣駆除をおこなえたらうれしいです。

目次

    駆除料金が安くなる4つの方法

    蜂の巣駆除を安く済ますには4つ方法があります。

    • 巣が小さいうちに駆除依頼をする
    • 巣が小さいうちに自分で駆除する
    • 相見積もりをとってお得な業者に依頼する
    • 役所の補助制度を使って駆除する

    蜂の巣はできるだけ小さいときに駆除した方が安く安全に駆除できます。
    さらに、お住まいの地域に蜂駆除業者が複数社あるのなら、相見積もりをとることも有用です。

    また、自治体の補助制度を使えばさらに安く駆除できるかもしれません。
    地域によっては、無料で蜂の巣を駆除してくれるので、まずはお住まいの自治体が対応していることを確認してみましょう。

    役所で対応してくれる4つのこと

    お住まいの自治体でまず確認すべきことはどのような補助制度があるかです。

    • 役所が駆除してくれる(無償)
    • 役所が駆除費用の一部を補助してくれる
    • 防護服を貸し出してくれる(有償・無償
    • 優良駆除業者を紹介してくれる

    自治体の補助制度は以上の4つが一般的です。補助制度がない場合でも、自分で駆除する際のコツやおすすめのスプレーなど、相談にのってくれるようです。
    お住まいの自治体補助制度と蜂の巣の営巣の状況によって、あなたにとっての最適な対応を考えていきましょう。

    役所が駆除してくれる(無償)

    自治体から委託業者に駆除を依頼してくれるため無償で蜂の巣を駆除してもらえるケースがあります。
    駆除費用はもちろん、業者さんの手配も役所側で負担してくれるため、一番安全に駆除できる方法です。

    しかし無償で駆除できる条件はスズメバチだけだったり、巣の場所が生活道路などに近い場合のみだったりするため、見つけた蜂の巣が無償駆除の対象なのか、よく確認する必要があります。

    【参照】スズメバチの巣を発見したら?|船橋市公式ホームページ

    役所が駆除費用の一部を補助してくれる

    駆除費用は自身で負担するものの、自治体が後から駆除費用の一部を補助金として給付するケースがあります。

    補助金の上限額や実質何割の額を補助してくれるかなどは、自治体によって差があります。また適用されるのに必要な手順や申請すべき書類などがありますので、事前に確認するようにしましょう。

    【参照】スズメバチの巣の駆除費補助金について (手続き・申請) | 砺波市役所

    防護服を貸し出してくれる(有償・無償)

    個人で買うにはとても高い防護服(5万円以上)を有料か無料かの差はあるものの自治体が貸してくれるケースがあります。

    たとえば、貸し出し1回(1泊2日まで)につき、1,000円/1着など、期間や料金、付属物の貸出条件は自治体により変わるためよく確認するようにしましょう。

    営巣の盛んな時期では貸出待ちなども起こることが考えられます。早め早めに役所へ在庫や貸し出しスケジュ―ルを問い合わせておきましょう。

    また殺虫剤(2000円前後)も貸してくれるところもありますが、自費購入が必要なところも多いので確認を忘れないようにしましょう。

    【参照】
    [無料]蜂の駆除用防護服の貸出しについて/川越市
    [有料]蜂等の防護服の貸し出しについて|名張市

    優良駆除業者を紹介してくれる

    自治体と協定や委託契約を結んでいる業者や、各都道府県にある公益法人を紹介してくれるケースがあります。

    この場合、実績のきちんとある地域に根差した駆除業者に頼むことができるため、技術に見合わない作業料を請求されるような業者を振るい落とすことができます。

    駆除依頼は実費負担になりますが、協定企業の場合、相場より安い料金で駆除をお願いできることもあります。

    【参照】蜂の巣駆除について - 稲城市

    役所に依頼するメリット・デメリット

    では一度、役所に蜂の巣駆除について相談する際のメリットとデメリットを考えてみましょう。

    メリットは、蜂の巣の駆除や道具の購入にかかる高額な費用を払わなくても済む場合がある点です。
    以下の条件をよく確認し、該当していれば何かしらの補助を受けられるわけです。

    【確認すべき項目の一例】
    • 補助対象者について
    • 補助対象の巣について
    • 補助対象経費について
    • 補助金額について
    • 補助金交付申請の手続き方法

    デメリットは申請書類が多く複雑で難しい点、立ち合いが必須のため平日にしか駆除してもらえない場合もある点があげられます。

    また無償駆除では、蜂の巣駆除業者がおこなうのではなく、自治体職員による駆除である場合もあるため、アフターフォローや保障制度が適応されないこともあります。

    もちろん、防護服のレンタルだった場合、駆除は自らおこなわなくてはいけない点もデメリットと言えるかもしれません。

    【4~5月】自分で駆除することも可能

    そもそも業者ではなく一般の人が蜂の巣を駆除することはできるのでしょうか?
    答えはYESです。

    なぜなら、小さい巣の内は業者ではなく自治体職員が駆除していたり、一般の方も市販品の殺虫スプレーを使って駆除に成功していたりする例があるからです。

    ただし、駆除対象がスズメバチなら注意が必要です。もちろんスズメバチ用のスプレーも販売してはいますが、スズメバチは命を脅かす猛毒を持っているため、殺虫剤メーカーも専門家への依頼を推奨しています。

    蜂の巣駆除に慣れている専門業者さんさえ、命がけの作業ですから、一般の皆さんはスズメバチの駆除は控えるようにしましょう。

    巣(こぶし大サイズ)の駆除手順

    用意するもの
    • 防護服もしくは白い衣服(黒い服は避ける)
    • 例)スキーウェアなど布面積が大きく、生地の厚いもの
    • ※白い衣服がない場合は服の上から白いカッパを羽織る
    • 厚手の軍手
    • ゴーグル
    • 帽子
    • 首の露出部を隠すために巻くタオル
    • 白い長靴
    • ガムテープ(隙間を埋めるため)
    • マスク(殺虫剤を吸い込まないため)
    • ピレスロイド系殺虫剤予備含めて2本
    1. 夕方以降。蜂の巣に戻ってきている頃を狙う。
    2. 殺虫剤を蜂と巣に向けて10~20秒ほどかける
    3. 蜂が動かなくなったら棒などで巣を落とす
    4. 戻り蜂を防ぐため巣のあった場所や周囲にも殺虫剤を撒いておく

    関連記事 蜂が1匹だけいるときの対処法|放置できるケースと初期の巣の駆除
    関連記事 戻り蜂に注意!蜂の巣を落とした後の対策と残さず駆除するポイント

    気をつけるポイント

    注意1:整髪料や香水、汗のにおいや柔軟剤の香などは蜂を刺激するため、駆除する日は極力匂いを落としておきましょう。
    注意2:防護服はその機能から、かなり重たく動きづらい服になっています。小柄な方や筋力の無い方はかえって危険となる場合があります。

    小柄な方が蜂の巣の駆除をおこなう場合は代用服で駆除をおこなうか、防護服がある場合は試しに着用してみて動けるかどうかチェックするようにしましょう。

    自分で駆除できない場所や大きな巣を見つけたときは専門業者を頼ろう

    先ほどもお話ししたように、スズメバチなどの毒性の強い蜂は、巣が小さくても自分で駆除するには大変危険です。
    また蜂の巣が2階のベランダの影など、安全な場所から届かない位置にある場合もあります。
    自分で駆除できるか悩むよりも、蜂の巣が小さいうちに業者に頼めば安く・安全に済ますことができます。
    ですから相見積もりを取ってプロ駆除業者による安心安全な駆除もぜひ候補として考えてみてください。

    信頼できる蜂駆除業者とは?

    業者への駆除依頼も検討したいがどうやって選べばいいのかお悩みの方もいらっしゃると思います。
    選ぶときの5つのポイントをご紹介します。

    蜂の巣駆除を業者に依頼する際の選ぶポイント
    • お住まいの地域に対応しているか
    • 見積もりは無料か
    • 当日対応しているか
    • 駆除料金は適切か?
    • アフターフォローはあるか

    お住まいの地域に対応しているか

    良さそうと思って問い合わせしてみたら、お住まいの地域には出張していなかった、ということがあります。
    そもそも対応エリア外だったり、出張可能距離から少し外れていたりしてしまい、来てもらえないということが起こり得ます。

    見積もりは無料か

    業者によっては現地調査による見積もりから作業量が発生し、ひどい所では説明もなく調査後に請求してくるというケースもあります。
    事前にきちんと説明してくれる業者を選びましょう。

    当日対応しているか

    業者によっては人出が足りていなくて、急いで対応したくてもなかなか約束の日がなかなか先になってしまう、ということが起こり得ます。
    できるだけはやく蜂の巣を撤去してほしいお客様にとって不安な日を過ごさなければいけないのは大変なストレスかと思います。

    駆除料金は適切か?

    蜂駆除の費用は蜂の種類、蜂の巣のサイズ、蜂の巣のある場所で変わってきます。
    特殊な例を除いて駆除費用の相場は1~3万円ほどです。

    • あまりにも巣が大きい
    • とても狭いところに巣がある
    • 2階以上の高さに巣がある

    など危険度によって変わってきます。
    しかし、そうではないのに高額の見積もりが出た場合は相見積もりを取るようにしましょう。

    アフターフォローはあるか

    蜂の巣駆除で大切なのは、戻り蜂の対策です。
    巣を駆除しただけでは、蜂にとって好む環境が変わっておらず、また巣を作りに来ることがあります。
    このような戻り蜂や根本的な対策をしっかりおこなう業者を頼ることが大切になってきます。

    その点、弊社は全国に加盟店を持っており、47都道府県が対応エリアです。
    現地調査でのお見積もり無料で、処置後に料金が変わることはなく、駆除だけでなく再発防止の薬剤でアフターフォローもしております。
    24時間365日万全の体制でお問い合わせをお待ちしていますので即日対応が可能です。

    弊社の蜂の巣駆除駆けつけ隊加盟店ではどんな小さな蜂の巣でも駆除対応しています。
    蜂駆除に慣れたプロ駆除業者による、安心で安全な蜂の巣駆除もぜひご検討ください。

    料金案内・サービス内容を見る