蜂の巣の退治・予防を適切な費用で施工!蜂の巣駆除駆けつけ隊

ベランダの蜂の巣は早めに駆除!ウロウロする蜂に要注意?対処法とは

2021.08.23

蜂の巣が作られやすい場所としては、軒下や屋根裏、庭木などさまざまあります。その中でも特に注意しなければいけない場所がベランダです。

洗濯物を取り込もうとしたときに、うっかり巣に近づいてしまい蜂に襲われるといった例は意外と多いです。

ベランダにある蜂の巣は小さいものであれば、自分でも駆除できますが、巣が大きくなっている場合とスズメバチが巣を作っている場合は、危険を伴う作業です。

この記事では、ベランダに蜂がいるときの対処法や蜂の巣の駆除方法をわかりやすくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

    ベランダに蜂がいるときの対処法

    蜂を駆除する際は、刺されないようくれぐれも注意しましょう。少しでも不安があればすぐに蜂の巣駆除業者に相談してください。

    蜂がウロウロしているとき

    ウロウロしている蜂を見かけたら、寄せ付けないようにすることです。ベランダで甘い香りのする花木を置かないようにしてください。蜂は甘い香りがするものに寄ってきます。香りの強い柔軟剤も控えたほうがよいでしょう。この機会に無香料タイプのものや蜂が苦手とするミント系に変えることをおすすめします。

    蜂は直射日光が当たりにくく、雨風がしのげる場所に巣を作る習性があります。そのため、ベランダや屋根裏といった場所は蜂が巣を作りやすい絶好な場所だということを理解しておきましょう。

    蜂の巣を発見したとき

    蜂の巣を見つけたら、まず自分で駆除できるのかを見分けましょう。

    自分で駆除できる巣の大きさは10~15cm以内のものに限られます。自分で駆除できる大きさなら、周りに蜂がいないか確認してから蜂用の殺虫剤を噴射して撤去します。作業中は、蜂に刺されるおそれがあるため、厚手の服や軍手などで体全体を覆ってからおこないましょう。

    殺虫剤を噴射して、蜂の動きがにぶくなったことを確認してから巣を撤去します。ほうきなどの長い棒でそぎ落としてゴミとして処分してください。

    スズメバチが巣を作っている場合は、刺される危険が高いので個人で駆除するはおすすめしません。スズメバチは攻撃性が高く、獰猛なため、プロでも駆除するのが大変なのです。黄色と黒のシマシマ模様を見つけたら自分で駆除せず、すぐに業者に依頼してください。

    また、マンションや賃貸のベランダで蜂の巣を見つけたら、まず管理会社や大家さんなどに相談することをおすすめします。蜂駆除にかかる費用を負担してくれる場合があります。

    蜂が家の中に侵入してきたとき

    突然、部屋に蜂が入ってきたらビックリしてしまいますよね。そんな状況になったらまずは慌てず、落ち着きましょう。蜂は大きな声や音に反応します。声を出さずに部屋の窓を大きく開けて、外に出るのを待ちましょう。

    蜂がなかなか部屋から出ていかない場合は、その部屋から出て別の部屋で待機してください。その後、すぐに業者に連絡してどうすればよいか相談しましょう。業者であれば、すぐに状況を判断し、適切なアドバイスをしてくれるのでおすすめです。

    蜂の巣駆除にかかる費用

    蜂の巣を駆除するのには費用がかかります。自分で駆除する際にかかる費用とプロに依頼したときの費用をそれぞれ明記しますので参考にしてみてください。

    自分で蜂の巣を駆除するのには、以下のアイテムが必要なためそろえておきましょう。

    • 厚手の服・軍手
    • 蜂用殺虫剤
    • ゴミ袋
    • ほうきなどの長い棒

    これらのアイテムは、ネットやホームセンターなどで購入することができます。実際に手に取ることができるホームセンターで自分に合ったものを購入することをおすすめします。費用は5,000円以内で手に入るでしょう。

    インターネットに掲載されている蜂駆除業者5社を調べてみたところ、費用は、4,000円~22,000円でした。蜂の種類や巣の大きさで料金が変動するようなので一度見積りをとりましょう。業者であれば、あらゆる蜂の巣駆除に対応しているので、スピーディーに撤去ができます。自分で道具をそろえるのが面倒くさいほか蜂が苦手な人は業者に依頼してみるのもひとつの方法です。

    ベランダに蜂の巣を作られない予防対策

    ベランダにあった巣を撤去したら、予防をしましょう。予防をしないとまた蜂が同じ場所で巣を作ってしまうおそれがあるからです。じつは蜂は巣のあった場所に戻ってくる習性があり、巣がないことで怒って狂暴になることがあります。そうなると近寄っただけで刺されてしまう危険性が高いので、寄せ付けないためにも予防をしっかりとしていきましょう。

    蜂を寄せ付けない対処法として、巣のあった場所に殺虫剤を噴射しておきましょう。殺虫剤は蜂に対して殺虫効果の高いピレスロイド系成分が含まれているものをおすすめします。また、ハッカ成分が含まれているものも効果的なのでぜひお試しください。

    もしも蜂に刺されたら…

    万が一、蜂に刺されてしまったら以下の方法で応急処置しましょう。痛みもなく、腫れてないのであれば医療機関を受診しなくても問題ありません。ただし、呼吸困難などのアレルギー症状があらわれた場合は、すぐに対処が必要なためすぐに医療機関を受診してください。

    ①毒を出す
    刺された箇所を爪などで押し出して毒を出しましょう。針がまだ刺さっている場合は毛抜きなどで取り除くとよいです。

    ②流水で洗い流す
    流水で刺された患部を冷やすことで毒の吸収を遅くする効果があります。

    ③薬を塗る
    蜂の毒に効果があるステロイド軟膏があれば塗っておくと炎症を抑えることができます。薬局などで手に入れることができますので持っておくとよいでしょう。

    この手順で応急処置して、呼吸困難などの症状が出たら緊急性が高いので救急車をすぐ呼びましょう。

    まとめ

    ベランダで蜂の巣を発見したら被害が拡大する前にすぐに駆除しましょう。駆除する際は、刺されないよう厚手の服や軍手をして肌を露出しないようにしてください。駆除する際に蜂の種類がスズメバチだったら、刺されるおそれがあるため業者に依頼することをおすすめします。業者をお探しであれば弊社までご連絡ください。

    弊社に加盟している蜂駆除業者であればあらゆる蜂の駆除に対応しております。蜂を寄せ付けない対策をしてほしいなどご要望があればお気軽にご相談ください。お客様からのご連絡お待ちしております。

    料金案内・サービス内容を見る