蜂の巣の退治・予防を適切な費用で施工!蜂の巣駆除駆けつけ隊

室外機の蜂の巣をエアコンが壊れる前に安全に駆除する方法

2021.08.23

室外機は蜂が巣を作りやすい場所のひとつです。室外機に蜂の巣を見つけたときは、そっと離れて窓やドアを閉め、できるだけ早めに駆除しましょう。室外機に巣を作るのは温和なアシナガバチであることがほとんどですが、危害を加えてくると感じたら攻撃をしかけてくるのです。

また、巣を放置しておくとどんどん大きくなり、室外機が巣や蜂を巻き込んで故障するおそれがあります。では、どのように駆除したらよいのかご紹介しますので、安全かつ室外機を故障させない方法で駆除しましょう。

注意:この記事はアシナガバチが室外機に巣を作ったケースを想定しています。スズメバチが巣を作っている時は、静かにその場を離れて蜂の巣駆除業者にご相談ください。

目次

    賃貸物件に住んでいるなら管理会社に連絡

    賃貸住宅にお住まいの方は、まず大家さんや管理会社に相談しましょう。賃貸住宅にお住まいで管理費・共益費を払っているならば、害虫が発生した場合には大家さんや管理会社が対処してくれることになっています。

    一般的に大家さんや管理会社に連絡すると、室外機の蜂の巣を無料で駆除してもらえます。しかも、連絡をした際に周辺の部屋へ注意喚起をおこなってもらえるので安心です。また、大家さんや管理会社に許可をもらって自分で蜂の巣駆除業者を手配し、駆除費用を負担してもらうケースもあります。

    注意事項:賃貸契約に害虫駆除は借り主の責任でおこなうことが記載されている場合、駆除してもらえません。また、自分で蜂の巣を駆除しようとして室外機を壊してしまうと、駆除費用だけではなく室外機の修理代まで負担するおそれがあるので注意してください。

    自己所有の物件の場合は最適な方法で駆除しよう

    自己所有の分譲マンションや戸建住宅にお住まいの場合は、自分で最適な方法を考えて室外機にある蜂の巣を駆除しなくてはいけません。大きく分けて、自分で駆除するか蜂の巣駆除業者に相談するか2つの選択肢があります。

    手順や費用、メリット・デメリットを確認したうえで、どちらのほうがよいか比較検討してみましょう。

    自分で駆除する

    自分で駆除する場合は、防護服などを着用してから室外機にビニールをかけ、蜂用のくん煙剤を使用して駆除します。

    革手袋、ビニール袋、長靴、防護服を用意すると、少なくても1万円ほどはかかります。くん煙剤が約500~2,000円、室外機から出てきた蜂用のスプレーが800~2,000円くらいなので、総費用は13,000円前後です。防護服などは自治体によっては貸してもらえます。

    自分で蜂の巣の駆除をすると、業者に頼むよりは安く駆除できるのがメリットです。蜂の巣が小さいうちならば、駆除する危険も高くありません。しかし、知識のない素人では誤って蜂を刺激して刺されてしまうおそれがあるのがデメリットです。

    それから、誤って室外機を故障させるおそれがあるのもデメリットです。万が一、室外機が故障した場合は機種にもよりますが、室外機基盤交換で約24,000~36,000円、室外機交換で約18,000~45,000円かかるので、蜂の巣駆除費用より高くなります。

    そして、自分でうまく蜂を駆除できたとしても、室外機の中から蜂の巣と蜂の死骸を取り出すのはが難しい場合があります。室外機の中で巣が大きくなっている場合や蜂がたくさんいそうな場合は、無理をせずプロの業者に依頼することを検討しましょう。

    蜂の巣駆除業者に依頼する

    蜂の巣駆除業者に依頼する場合は、インターネットなどで蜂の巣駆除業者を探して、蜂の巣を見つけたことを伝えるだけで済みます。作業のすべてをお任せできるので、蜂や室外機に関する知識がなくても問題ありません。

    駆除業者に依頼する費用は、全国のハチ駆除業者からランダムに選んだ10社の最低料金をもとに出張費3,000円と仮定して平均価格を算出すると、約10,200円~です。駆除の費用は業者によっても違いますし、室外機の設置場所や数、出張費の有無によっても異なるので、見積りを取ってもらうとよいでしょう。

    A社 4,4000円+3,000円
    B社 22,000円
    C社 12,800円
    D社 11,000円
    E社 9500円
    F社 8,800円
    G社 12,800円
    H社 4,000円+3,000円
    I社 14,080円
    J社 7800円+3,000円
    平均10,200円

    限られた自治体のみですが、提携している蜂の巣駆除業者に依頼すれば、アシナガバチ駆除費用の一部を負担してもらえることもあります。一度自治体に問い合わせてみるのもよいかもしれません。

    蜂の巣駆除の業者に依頼する場合は、蜂に刺されたり室外機を壊したりするリスクがなく安全に駆除してもらえるのがメリットです。また、室外機を壊してしまうリスクもありません。ただ、自分で市販の薬剤などで駆除するよりは費用がかかるのがデメリットです。

    自分で駆除するか業者に依頼するか考察する

    自分で駆除するには防護服や薬剤を購入するために1万円近い費用がかかるし手間もかかります。1回駆除するだけなら、業者を呼んでも、自分で駆除してもさほど費用に差が出ません。

    業者に蜂の巣駆除を依頼すれば、確実に駆除できるうえ再発防止の作業もしてもらえます。しかも、一定期間のアフターフォローや保証があるので、安心して過ごせるのではないでしょうか。

    蜂の巣を駆除する業者に相談してみたい方には、弊社がお客様の希望に近い形で室外機の蜂の巣駆除をしてくれる業者をご紹介します。ご相談だけなら24時間365日無料で受け付けているので、お気軽にお電話ください。

    室外機に蜂の巣が作られる理由

    蜂は風雨をしのげて暗くて安全な場所を好みます。4月頃になると冬眠から目覚めた女王蜂は巣を作る場所を探し始め、気温が上がって使われなくなった室外機の隙間を巣作りの場に選びます。

    室外機が故障しなかったとしても、蜂の数が増えてくると、外で出くわしたり部屋に侵入してきたりする可能性があります。エアコンの配管は外と繋がっているので、その隙間から蜂が侵入してくることがあるのです。

    蜂の巣を再び作られないための予防法

    せっかく駆除をしたあとに蜂が戻ってこないようにするため、予防策を取りましょう。以下の予防法の一例です。

    • 忌避剤、酢液 ……蜂の嫌い香りを散布。
    • 殺虫スプレー ……予防効果のある殺虫スプレーを散布
    • 防虫ネット  ……2センチメートル以下のネットを付けて室外機への侵入防止
    • 花の蜜のような匂いのするものを置かない……花だと思って寄ってくるため

    このような蜂駆除グッズはインターネットショッピングサイトや大型ホームセンターで購入可能です。再び室外機の蜂の巣を駆除する必要がないように、しっかり予防をしてください。

    それでも、また室外機に蜂の巣が作られて、蜂がうろうろしている場合は、業者に相談してみるのはいかがでしょうか。どこに相談すればわからない場合は弊社にご連絡ください。お客様の希望に沿った蜂の巣駆除の業者をご紹介できます。

    ご相談だけなら24時間365日無料で受け付けております。

    まとめ

    室外機に蜂の巣を見つけた場合に、安全性やコストを考えたうえでどのように駆除したらよいのか、お伝えしました。巣を放置しておく時間が長くなるにつれて巣が大きくなり蜂の数も増えるため、駆除するのが難しくなります。できるだけ早く蜂の巣を駆除しましょう。

    料金案内・サービス内容を見る